Big DASHI issue

今朝友人と「もう金曜日〜!早いね〜」なんておしゃべりしていたけれど

1月ももう半ば。

一日一日が早過ぎてもうびっくりぽん!(日本ではもう古いですか?笑)

私が毎週楽しみにしていることの一つに、ノルウェーのビジネス紙Dagens Næringslivの金曜日についてくるD2というフューチャー紙があります。

美しい写真と切り口のいい記事で以前にもご紹介させていただいたことがあると思います。

建築、デザイン、アートの記事には日本が取り上げられることも度々(もちろんそれ以外のも興味深い記事が満載!)

ここ数年は日本食も良く紹介されるようになりました。

先週のD2では東京の居酒屋が紹介されたと思っていたら今週はなんとDASHI!

D2と我が家の利尻昆布

かなり専門的な旨味の話から始まり、オスロのミシュランレストランMaaemoのシェフのアレンジ出汁の話まで書かれています。

こちらのシェフも第5の味「旨味」にすごく注目しています。

一番出汁、二番出汁のレシピ付き。

かなり本格的な和食が流行るのかな???

昆布水

昆布や鰹節は日本から大量には持って来られないのでオスロの我が家ではとても貴重な品々。

でも週末や特別な日に和食を作る時にはきっちりお出汁を引きます。

オスロにも普通に昆布や鰹節が買える日が来るのでしょうか?

(お手軽な値段で!!笑)

メイン紙AftenpostenにもA-magasinetというフューチャー紙が金曜についてくるので、

そちらも楽しみです。

今日発刊分には偶然にもMathallenのObento Boxというお弁当屋さんの

Inaba氏が紹介されていました。

毎週食に従事する方がシリーズで紹介されるとても興味深い記事です。

例えばインタビューの中でInabaさんが「子供の頃の思い出は?」という質問に

クラスのみんなが羨ましがったお母様の手作りのお弁当と答えられていました。

良いお話です。(我が息子も将来こんなこと言ってくれるかしら?)

D2もA-magasinetもネットで読むことができますので興味のある方はぜひ!

それでは皆さん、素敵な週末をお過ごし下さい!